夏の快眠とホルモンの働き



肩こり、安眠の人気枕 第1位 102932個突破【めりーさんの高反発枕】公式サイトはコチラ

夏の快眠とホルモンの働き

夏の快眠とホルモンの働きの関連を調べてみましょう。

 

 

夏になれば温度も高くなり寝苦しくなるので、快眠とは程遠いと考えがちです。
扇風機やクーラーをつけっぱなしにしておけば、風邪をひいたり体調を壊したりとよくない面も出てきます。
さてどうしたものでしょう・・?

 

 

睡眠のゴールデンタイムってご存知ですか?
成長ホルモンは眠ってから3時間くらいで最も分泌が盛んになります。
熟睡しているゴールデンタイムとは22時から翌2時ごろです、

 

 

若返りの成長ホルモンには新陳代謝を上げる働きがありますので、熟睡の時間が大切です
しっかりと熟睡できて、知らぬ間に若返りができれば何も言うことはありません。
身体を修復するのには6時間は必要なので、睡眠時間は少なくとも6時間以上必要なことは言うまでもありません。

 

 

私たちは睡眠中に成長ホルモン以外にも様々なホルモンによる働きを受けています
たとえば、体内の活性酸素を除去してくれるメラトニンですが、同時に肌のシミも防いでくれますので美容効果が高いのです。

 

 

また、コルチゾールというホルモンには睡眠中に脂肪を燃やす働きがあります。
ダイエット効果の促進でしょうか?

 

 

レプチンには、食欲を抑制する働きがあり、これによって肥満防止になるのです。
だから、レプチンが不足すれば糖尿病などのリスクが高くなります。
さらに最近注目の睡眠時無呼吸症が発症しやすくなるとも・・。

 

 

このようにぐっすりと眠っている間にホルモンが十分に分泌され、疲れなどがとれてこそ夏を乗り切るとともに若々しさや美しさが保てるのです。

 

 

もしも十分に快眠が出来ないと、これらのホルモンの働きも低下し体調も不良になる可能性があります。
さらっとした涼感というのはよい響きですね!!

 

 

 

 



関連ページ

メリーさんの高反発枕で朝までぐっすり
首のマッサージは本当に気持ちの良いものです。寝ながら首マーサージが出来る枕があれば満点ですね。
メリーさんの高反発枕で寝返り
首のマッサージは本当に気持ちの良いものです。寝ながら首マーサージが出来る枕があれば満点ですね。