認知症に学習療法

認知症に学習療法



インターネット最大級【アイテム数8000点】
ベッド通販専門店「ベッドコンシュルジュ-ネルコ-」


認知症に学習療法

認知症には学習療法が、その進行遅延や改善に効果を上げています。

 

 

認知症は、かなり進んでしまって本人も他人も見分けがつかなくなると、いくら身内でも介護するのが大変になります。
そうならないためにも、認知症の学習療法に積極的に取り組んでみましょう。

 

 

認知症の学習療法とは、文章を音読したり、簡単な足し算や数字並べをするのを通して認知症の改善を目指す方法です。
何も難しいことなどありません。

 

 

学習療法は、東北大学の川島教授が提案され介護施設等と共同で開発されてきました。
この学習療法は、感情や理性を司る脳の前頭分野を刺激することで、認知機能やコミュニケーション能力の改善につながるとされるものです。

 

 

勿論、個人差がありますので、全ての人に効果が出るかどうかはハッキリしませんが、脳を何らかの工夫で刺激して働かせることは認知症の進行を遅らせのに効果があることは間違いないでしょう。

 

 

例えば、音読や算数以外にも歌を歌ったり、シリトリをしたり、絵を描いたり・・、など色々な方法があると思います。
言葉を発するだけでも、多少は考えることになるものです。
黙ってじっとしているより、目を輝かせられる工夫をすればいいのです。

 

 

いまの高齢化社会の世の中、寿命が延びた分だけ認知症になる可能性は誰にもあるのです。
その時に、間違いなく手助けをしてくれる人があれば幸せです。
ただ、出来れば自分も家族にも認知症にはかかってほしくないものです。
そのためにも色々と工夫をしなければなりません。

 

 

また、仮に認知症に遭遇したのなら、気長に、気長に付き合うのが認知症との対応だと思いますね・・・。

 

 

 

高反発マットレス【モットン】

関連ページ

認知症とメタボ
認知症とメタボ克服には関連が深いのです。

ホーム RSS購読 サイトマップ